ログイン    

メインメニュー
上中の教育
アクセスカウンタ
今日 : 235235235
昨日 : 237237237
今週 : 2662266226622662
今月 : 5008500850085008
総計 : 1029881102988110298811029881102988110298811029881

ふるさと講話パート2

12月21日、御嵩町の偲歴会に所属されている御嵩にお住いの広瀬吾郎さんから、ふるさとにまつわる講話をいただきました。

広瀬さんは、町報「ほっとみたけ」のよもやま話のコーナーで幾度も執筆されている方です。もう一人のお客様はFMららのパーソナリティであります可児さとみさんです。今回は、もしかしたらこの上之郷に鉄道が通っていたかもしれないという明治時代のお話を本物の文献を使って、また、ラジオ局での雰囲気を味わえるようなラジオ番組仕立ての設定で、お話いただきました。さらに、社会科の教員として渡邉教諭も話に加わりながら、まじめな歴史深い話を楽しめるよう工夫した講演会となりました。

広瀬さん、可児さん、貴重な機会を作ってくださり、本当にありがとうございました。

音楽祭

12月16日、音楽祭を行いました。今年の音楽祭は、昨年度同様に、合唱だけでなく合奏等を盛り込んだ上中スタイルでの音楽祭となりました。

1年生は「合唱と箏の発表」です。10人での精いっぱいの歌声と上中でも初めての箏での発表でしたが、見事な演奏をやりきることができました。最後の最後まで練習をよく頑張った成果を見ていただくことができました。

2年生は「合唱とダンス」です。20人の声量はやはり体育館中に響き、たいへん優しくきれいで聞きごたえがありました。ダンスは、みんながとても楽しそうで、観客もリズムに乗ることができました。

3年生は「合唱と合奏」です。最高学年の歌声はたいへん素晴らしかったです。人数が少ない分、一人一人の声がたいへん重要だということを示し、聞く者に感動を与えました。練習を本当によく頑張りました。合奏する機会は意外にも少ないものです。合奏の楽しさを味わいながら取り組む姿勢が心を打ちました。

全校合唱はたいへん難しい曲にチャレンジしましたが、3年生が練習からしっかりリードしました。本番では、どのパートも役割をきっちり果たし、バランスよく混ざり合って、一体感のあるきれいなハーモニーになりました。

保護者の皆様、参観ありがとうございました。

丹羽公雄さんの講話

12月6日、丹羽公雄さんの講話を聞きました。

丹羽さんは名古屋大学に教授としてお勤めされながら、物理学者として素粒子の研究に勤しんでこられ、幾つもの賞を受賞されています。そんな大きな成果を出されている方の話を聞く機会はたいへん貴重でありがたいものです。

丹羽さんの話をお聞きし、好きなことをとことん追究していくことや、自分の考えをしっかりもって説明する力をつけることなど、たいへん多くのことを学ぶことができました。すてきな時間をありがとうございました。


御嵩町立上之郷中学校 〒505-0114 岐阜県可児郡御嵩町中切1785番地
電話 0574-67-0431(代) FAX 67-6432 E-mail kami-jh@mail.town.mitake.gifu.jp
Warning [PHP]: Parameter 1 to StdCache_Initialize::setForModule() expected to be a reference, value given in file core/XCube_Delegate.class.php line 356